月収100万以上の実力者に気に入られる方法を実体験を元に書いてみた。

こんにちは、おみです!!

 

今日はですねタイトルにもある通りなんですが、

「月収100万以上の実力者に気に入られる方法」

っていうのをテーマに書いていきたいと思います。

 

これですね。

なんで今回話そうと思ったかといいますと、

ストレートな言い方にはなってしまうんですが、

みんな自己アピールがめっちゃ下手、、、、

だからです。

 

メッセージを送るのって正直億劫なこと多いと思います。

ぼくも今でも億劫です。笑

 

だって、

変なこと書いちゃったりしたらどうしよう、、

とか、

これで返事返ってこなかったら悲しいな、、、

っておもうじゃないですか。笑

 

しかも純粋にアウトプットってハードル高いし、

特に初心者の頃なんてぼくは何を書けばいいのかさえもわからなかったしw

 

結構勇気のいること。

本当は別に勇気も何もいらないんですけどね。

 

 

でも、せっかく勇気を振り絞って、

憧れだった人や尊敬する人にメッセージを送るんだったら、

 

「君面白いね!!!!!」とか

「一緒にご飯行こうよ!!!!!」とか

「一緒に話そうよ!!」って

 

言われたいですよね?
(ぼくだったら言われたいw)

 

 

でも、実際そういうすでに実績を出してる人たちって、

色んな人からメッセージ来てるだろうし、、、

自分って別に与えれられることないし、、、

どうしたらいいんだ、、、、

 

とうじうじ青虫さんみたいになってしまう気持ちもわかります。

 

でも、そういうすごい人たちにお気に入られるのって、

あるポイントを抑えれば割と簡単です。

 

大切なことなので、もう一度言いますね。

 

すごい人たちにお気に入られることは簡単です。

 

もう二回言ったから頭に入りましたね??

 

そうめっちゃ簡単なのです。

 

あることをすれば、ね。

 

で、そのあることを今回は教えていこうというわけです。

 

てことで早速みていこう。

 

まず大事なのは、ビジネスでも同じだけど、

 

原理原則から考えること。

 

で、気に入られるための原理原則は、

 

とてもシンプル。

 

それは、

 

「相手が喜ぶことをする」

 

まずここが原理原則。

この原理をずれてしまえば、

どんなに頑張ってもまあ返事はこない。

 

ぼくも毎日メッセージをもらうけど、

やっぱ返したくなる人と返したくないなこれめんどくさい、、、

っておもう人がいるわけでその差はまさに、

自分が返したいって思えるかどうか?

だなっておもうわけです。

 

じゃあ、どうやったら相手が返したいって思ってもらえるのか?

 

その具体的なやり方を次に紹介していきやす。

 

ぼくの周りのいわゆる成功者って言われてる人たちは、

まーみんな共通的なことをやってるので、

逆を言えばこれから言うことを真似すればいいだけです。

 

そう考えたらすごい楽でしょ?

 

で、さっきも言ったけど(?)

・実績いらないし。

・センスいらない。

 

そんな再現性のある方法なのでぜひすぐ取り入れていきやしょう。

 

まずぼくがやっぱやられて嬉しいのは、

自己紹介をしっかりしてくれる人。

まずこれ。

対面でも知らん人にいきなり、なんか求められても

いや、誰〜!!!ってなるよね。

 

オンライン上でも同じ。いきなり、「お願いします」

だけ言われても、そりゃこっちは

 

「あ、はい」

しか返せんわけでしてね。笑

 

自分ならもうどんな人にでも、

もう一瞬で興味を引かれるようなプロフィールを作っておく。

ぶっちゃけテンプレでいいから。

 

そしてもう1000字超えるくらいのプロフィールを作っておいて、

そこで自分はこんな人間です!!!!!

ってやる。

 

これやられると、

うわ、この人他の人とちがうな〜

ってなって話してみたくなる。

 

やっぱ量って大事よ。

特に文章かくの慣れてない、、、

うまい文章かけない、、、

って人ほどシンプル量書いておけば大体印象に残る。

 

ぼくの知り合いの人は会いたい人がいたら、

その人の発信してるものを全部見て、

3万字くらいのレポートにして送ってるってね。

 

いや〜それくらいやったらそりゃ会えるし気に入られるよね。

 

やるかやらないかはもうその人の自由だけど、

チャンスを得る力も才能だからね。

 

それくらいもできんくらいなら、

100万稼ぐ〜!!!とか無理。

なんでかって感想を送る方がまだ簡単なのにそれくらいできないくらいじゃ

まあ変なところで挫折するだろうから。

 

あとは、やっぱ嬉しいのは、

このブログの〇〇の部分ってどういう裏側があったんですか!!

とか

このブログのここの部分めっちゃ共感できました、、

とか

ここめっちゃ今の自分にとって響きました、、、

って言い方されるとやっぱすごい嬉しいw

 

誰だって人間なんでね、

やっぱ褒められたり関心をもたれると嬉しいものですw

 

前いた子は、

ぼくの音声を車のスピーカーにつないで、

運転しながらBGMみたいにしてずっと流してたってw

 

それはそれですごい恥ずかしいけど、

それくらい本気なら

こっちも本気で教えたるか〜!!!!

 

って気持ちになる。

 

才能の引き出し方っていうのかな。

それって教える側にとっても大事な力だけど、

教わる側も同じくらい大事。

 

 

この前会いたいです!!って言われたので、

うわ、ここまでやられたら会うしかないか、

って思ったのは、

 

タクシーで迎えに行く戦法ww

これは新しいしそれ自分も取り入れよ!!

と思った。

 

一種のお偉いさん気分的な?笑

これも戦略だよね。

 

相手が喜んでれば、

それだけでいい情報がたくさん引き出せるしね

結局こっち側の方が得するっていうね。

 

だってタクシーなんてかかっても5000円くらいだし、

まあ一見高いけど、

 

金持ちの人たちしか知らない情報をたった5000円で得られる

って考えたら超安い。

その辺のフラットさを持ち合わせるといいよね。っていう

 

あとはシンプルに年齢関わらずある程度丁寧な言葉を使えること。

これ以外とできないって人が多い。

 

いくら儒教的な教えに日本人がそまってるとは言え

もう染まったもんは仕方ないから、

やっぱお前誰だよそもそもって人に

「おみさんって〇〇なんすか?」

とかって言ってきたら、やっぱ普通にいい気分はしない。

友達とか身内ならわかるけどさ。

 

これだって才能とかセンス関係ないよね。

 

あと終わった後とかに、

すぐに長文で感謝の手紙を送ってくれる人とかは

やっぱ伸ばしてやりたいなっておもう。

 

例えばこれとか。↓

(許可をもらってます。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おみさんのプロフィール記事、YouTube配信を見た感想

僕がおみさんに惹かれたのは「理念に強烈な共感をした」からです。まず初めに記事を見た時に、冒頭強烈な興味づけがされました。
「今この瞬間のあなたとぼくの出会いがすべての伝説の始まりだった」
という文章を見て「この人は他の人とは違うぞ!」と期待感を抱きました。

そして最後のほうのメッセージで
「この業界のトップ層って『とにかく稼げ』」っていう風潮が強すぎて〜」「自分の書いてることと現実のギャップが凄すぎて、発疹が嫌になっていくっていうパターン」
自分のことが全て見透かされてるのではないかと思うくらい、ピンポイントにぼくの悩みが言語化されていました。

ぼくはビジネスを始めて、ネットビジネス業界の「拝金主義」に染まっていきました。参考にする人、発信を見てる人はとにかく「稼ごう」と言っている。体育会系ではないと思うけど、ゴリゴリとしてる人が多い。もちろんそれが悪いことだとは思わないけど、ぼくの本心とは違うなと薄々感じてはいた。けど周り人たちがこぞって「稼ごう」「上に行こう」と言っていたので、「それが正しいんだ」と自分に言い聞かせていました。

自分が心の底から抱いていない理念を掲げたこともありました。僕自身はある程度余裕を持って暮らせるようになったら趣味の囲碁を極めたい。その想いを押し出していきたかった。けどそれだと「受けないんじゃないか?」という不安に襲われ、「もっと稼いで億の世界を目指します」と書いたこともある。この時は苦しかったです。自分の本心を出せない。腹の底から話ができない。けど話したら誰もついてこないんじゃないか。そんな葛藤に苦しんでいました。

そんな時、おみさんがぼくの心の底に閉じ込められていた悩みを解放してくれたんです。ぼくにとってはまさに希望でした。「そうか!オラオラした姿勢を見せなくても大丈夫なんだ!」新たな未来を提示してくれた存在。それがおみさんです。

そして始めて「この人についていきたい!」そう思いました。それまでに発信を見てきた人も普通にぼくに価値を提供してくれました。良い情報を提供してくれて、実際に教材も購入しました。けど「商品を買った後もついていきたいか?」と言われたらハッキリイエスとは言えない。そんな状態だったんです。

「なんか違うんだよなぁ」とぼくの中には違和感がありました。それはその人の理念や姿勢がぼくと食い違っていたことが原因だったんだと思います。
ぼくが左に行きたいのに、発信者の方は右に行けと言う。別に左から進んでも右から進んでも前には向かえる。だから自分が心から信頼できる人、理念に共感できる人についていくのが何よりも大事。と今は思っています。

次から動画を見て考えたこと・眼から鱗だったことを書いていきます。

これはブログでもおっしゃてることなのですが、一番ぼくの価値観を変えたのは
「ビジネス=楽しいもの」だということ。
ぼくはそれまでお金を稼ぐこと=辛いこと。という価値観を持っていました。それはサラリーマンで、毎日疲れ切った顔をして帰ってくる父を見たからだと思っています。その時からサラリーマンに対するイメージはあまりよくなく、

「俺も就職したら毎日しんどい顔して生きてかないといけないのかな」と漠然とした不安がありました。それもあってビジネスを始めたのですが、ビジネスをしても「辛い」この感情が抜けることがなかったです。それはビジネスを楽しむという視点がなかったから。楽しんで稼げるという発想がなかったから。

コンサルを受けた時も「楽しいとかよりもまずは稼ぎましょう」「稼いでから楽しいことをやればいいんです」と言われて、なんとか自分を押し殺して作業していった。その結果、確かに稼ぐことはできましたが、仕事のやりがいはまったくなく。労働収入に頼っていたところもあったので、コンサルを辞退。そこからも自分なりに頑張ってはきましたが、ビジネスが楽しいと思うことはできませんでした。
何より楽しそうにビジネスをしてるかたを見れなかったのが大きかったのかなと。そんな時におみさんやその周りにいる人たちが、楽しそうにビジネスをしてるのを見てぼくの価値観は一瞬でガラガラと崩れていきました。家族のような暖かさの中に「芯のある強さ」が見えて、
「うわぁ、この世界いいな」と魅力を感じていったんです。
おかげで自分の中のジレンマも無くなりました。理念もどんどんバージョンアップされていきます。今の自分の理念としては

・無理して稼がなくてもいい

→稼ぎたい人は稼いでぜんぜんいいと思うけど、自分の必要以上の金額を稼ぐ必要はあまりないなと思う。ビジネスより楽しいことがあるなら、そっちを優先したほうがいいし。ビジネスが楽しくて仕方がないなら、思う存分ビジネスをすればいい。結局、人生は楽しんだもん勝ちだから、きちんと生活できるなら自分が楽しいことを優先していけばいいと思っています。

・好きなことを仕事にして感謝されるようになる

→ぼくが昔コンサルした方で「ネットで身につけたスキルを活かして精神対話士として人を癒していきたい」という相談をされたことがあります。
その時は自分なりの答えが出せず、コンサル生の方には迷惑をかけてしまいました。
今はハッキリとした答えが持てています。
「好きなことを仕事にするのは素晴らしいこと」「けどそれで利益を出そうとするのはお勧めしない」これが今のぼくの答えです。精神対話士として食っていくのではなく、そのほかにも収入源を持っていく。

その上で利益のことを一切考えずに、自分が好きなこと・やりたいことを仕事にしていけばいい。好きなことで利益を取ろうとすると、後々しんどくなると思うからです。ぼくはこれを囲碁のプロを見て感じました。プロの囲碁棋士の中には囲碁を心の底から楽しめてない人も多いです。
なぜなら、囲碁で勝つことができないと生活することができないから。そのせいで勝つことだけ考えて、必死で囲碁をしてる人もいます。その結果。囲碁を楽しむ余裕がないという話を聞いたこともあります。楽しいから始めた囲碁が義務感に変わる。これを聞いた時、やりたくて始めた好きなことも、仕事にして食っていくとなるとしんどくなると思いました。
もちろんそのまま楽しめる可能性もあるけど、義務感になって楽しくなくなる可能性も十分高い。それなら他の収入源を持ち、利益を度外視して仕事をしていくほうが精神的にも楽だなと思っています。ぼくがビジネスを教える時は、この考え方を何度も伝えていきたいです。

・人生は楽しんだもん勝ち

→さっきも少し書きましたが、ぼくはおみさんの発信を見たことで。結局人生は楽しんだ人が一番の勝者だなと思っています。そもそも勝者とか敗者とかいう考え方すら違くて、楽しんだ人が幸せと考えてもいいかもしれません。

お金を稼ぐことが心から楽しいならどんどん稼ぐ。趣味に取り組んでる時が何よりも楽しいなら、全力で趣味に打ち込めばいい。家族との時間を大切にしていきたいなら、家族を守れるだけのお金を稼いでいく。ぼくもそうだったのですが、無理して稼ごうとすると逆に苦しくなるなと。手段が目的になってる状態だと感じました。お金は手段であって目的ではないと考え方が変わってきました。たしかにお金がないと生活が不便になるし。自分の理想の生活を送ることは難しいかもしれない。

ただ逆に言えば、自分の理想の生活が遅れるならそれ以上のお金はいらないなと。いざという時のために備えておくのは大事だと思うけど、仮にインフレが起こったらお金の価値は下がる。それよりも「いつでもお金を生み出せる力」を持つほうが大事だと思っています。

けどぼくはこれまで違う考え方でとにかく、「他人の理想の人生」を生きようとしてました。他人が羨ましがるから。あの人よりも良い人生を送りたいから。そんな理由で自分が心から望んでないことをしようとしてたんっです。海外旅行なんかも良い例でした。正直ぼくはそんなにアクティブではないので、1日中観光地を巡るとかは性に合っていなかったです。

それよりも好きな人と一緒に過ごしたい、遊びたい、話したい。こっちのほうが楽しかったです。もちろん海外旅行を全否定するわけではありません。ただ周りが憧れてるからという理由で、自分の選択を決めるのは違うなと思っています。
「自分がやりたいからやる」「興味があるからやる」この判断基準通りに行動していけば、
幸福度の高い人生を歩めるのではないかと思っています。

実際ぼくの大学の後輩はネットゲームが大好きな子で。後輩曰く「ゲームできる環境さえあれば他はなんでもいいですね」とさえ言っていました。彼にとってはゲームが一番優先度が高いんだなと。お金も大金はそんな必要ないと言ってました。お金=手段。幸せになる=目的。これを心に刻んでいきたいと思います。

今までのぼくは「とにかく稼ごう」「稼ぐことが正義」「つべこべ言わず稼ぐための行動をする」これが全てでした。けどおみさんの発信に触れたことで、自分の心の奥底と向き合うことができ自分の価値観や理念をアップデートすることができました。

 

その他にも、目先のお金に囚われずに、「目に見えない信用を貯める」。マインド=知識。結果を出してる人の「当たり前」を知って自分をアップデートしていく。

たった1回の価値提供で足りるわけがない。短期的な視点ではなく、長期の視点を持って目の前の人の価値提供し続けていく。そうすればいつの間にかお金はついてくる。

ビジネスの本質「価値提供」。メルマガ登録してください!とゴリ押すのではなく、価値提供をし続けて相手から「メルマガ登録したいです!」と言ってもらえるようなマインドを持つ。

「教育=気づき」。相手の人生が良い方向に進むよう、自然と気づかせてあげる。相手に「自分で選択した」と感じてもらう。結局はここも価値提供なんだなと思いました。

感情寄りのビジネスで幸福度もを高く保ちながら発信していく。実績を押し出していけば「実績に興味を持った人」しか集まらない。実績だけでなく自分の理念・価値観を相手に伝えていく。

実体があるかないかは本質ではない。紙の本でも電子書籍でも本質は同じ。「情報」ということに変わりはない。本質は「心がどれだけ満たされるか」これ本当に大事な考え方だなと思います。相手の心を満たしているのか。そもそも相手とは誰なのか。を意識して発信していきます。

小手先のテクニックではなく、人としての器が大きくなれば自然とお金は入ってくる。
「ビジネスのために価値提供」これは順番が逆。そうではなく「日頃から人を喜ばせる姿勢で生きる」→自然と価値提供できるようになる。
人から奪おう精神は、ビジネス以前に人としてどうなのか。道徳の授業などではやっちゃダメと教わるのに、ビジネスになった途端わからなくなる。ぼくも本当にこの通りになったことがあって、「とにかく稼ぎたい」という思いで発信していた時期がありました。この時はぜんぜん稼げませんでしたね。たまに稼げますが、安定感は皆無でした。まずは与えて、与えて、与えて、与える。そのお返しとして「もらえる」。この原理原則、本質を脳に心に刻んでいきます。

あとは個人的にかほさんがチャットで言っていた「30%の出来でいいから出す。出してから反応もらって改善。くらいでぜんぜんいい」この言葉がめちゃめちゃ響きました。

まだまだ大切なことはあったはずなのですが、1回聞いただけでは思い出すことができず反省です。動画を自分の血肉としていくためにも、常にメモを取りながら何回も聞いていきます。「10回聞くのが当たり前」この基準値で見ていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『11ヶ月で月収1000万超えたおみのプロフィールと理念』をしっかり読ませていただきました💡

率直に、理念にめちゃめちゃ共感しました!

そして、おみさんも嬉しいことや悔しいこと、苦労、色々なことを経験したからこそ今があるんだなと納得しました。

今の私がそう言っても説得力はありませんが、「1年後、10年後たまたまあなたが見たこのブログがきっかけでぼくと何か事業したり〜一緒にお酒飲んだり〜人生について語り合ったり」の部分に対して私も心からそうありたいと思い感動しています!
人生何が起こるかわからないから面白いし、ストーリーを一緒に作っていけるのが醍醐味だとも感じております。

例えば20代で出会って、お互い成長して(おみさんは既にすごいですが笑)その先も出会った時のこと話したり、今までの出来事やはたまた未来のことを話して、、、家族ができたら一緒にキャンプなんかして、、、(かまくら作ってみかん食べたり)10年以上お付き合いをしていけたらと思っています!

そして、ブログやメルマガを読んでいておみさんに対して尊敬をしながらも親近感を覚えていました。

理由を考えたのですが、それは話口調だったり、そのままの感情を書いてくださっていたり、過去と未来のストーリーを見せてくれていたり、共感できる部分がたくさんあったからなんだと気づきました!

「いつでも稼げるような状態」がお金持ちだとおっしゃっていましたが、その通りだと思います。一瞬稼いでも使い方が分からなかったり、無駄な使い方をしてすぐになくなったりするだろうし、お金だけを目的にしても空いと思います。お金を稼ぎまくった経験がないので、これもまた説得力はないですが、自己アフィリエイトをしている時や購入したアフィリエイト教材をサイトで販売している時に思いました。やはりコミュニケーションや
人を大切にする気持ち、相手のことを想って喜んでもらえる瞬間がいいなと思います。お金を目的に稼ぐのではなく、自分を含め、周りの人の人生も色んな意味で豊かにしていきたいです。そのためにお金持ち必要だと思います。

やりたいことを全力でやるためだったり、全力で相手の為になることをしてあげる為にビジネスをやりたいです。特に私は好奇心旺盛なのでやりたいことが次々出てきて、それを仲間とやれる余裕があれば面白くなりそうだと感じます。

加えて、常に準備状態で結局動けていなかった自分を俯瞰することができました。
2019年からビジネスをはじめたおみさんのスピード感に圧倒されています。

なぜなら大学を卒業して社会人になった2018年5月くらいからTwitterで情報収集を初めそこから始めてネットビジネスや起業家の存在を知り、色んな方と話すことで視野を広げていったにも関わらず、結局1ミリずつくらいしか進んでいないからです。起業家だったり尊敬できる人たちが周りに増えたけど、それは自分がすごいこととは関係がないし、むしろ虎の威を借る狐状態で望んでいるものとは違います。

もともとは就活の時期に、やりたいことが分からないけどもっと面白い人生にしたいだとか、アドレスホッパーになったり自由な暮らしをしたいと思っていました。(欲深いですね、、、!笑)今のままじゃ到底無理だと思いモヤモヤしていたので、会社に入るのも自分の方向性を定める為であり、独立のキッカケを掴む為でした。

2018年から2021年1月現在まで色んなことをしました。人と会って色々話したり、2年勤めていた会社を退職したり、イベントに参加したり旅行の企画をしたり、コミュニティーに参加したり、カウンセリングサイトのコラムを執筆させていただいたり、ブログを書いたり、Youtubeを撮ってみたり、Instagramで発信してみたり、レンタルオフィスでエステをしてみたり、ライブ配信をしてみたり、セミナー会社でセミナーのファシリテートをしたり、新規事業のプロジェクトに参加させていただいたり、、、

自分の内面の変化や人脈、ビジネス知識や仕組みに対する知識は得ることができましたが、実績としては何も残せていません。

言ってしまえば本当に価値を提供していれば、相手から喜ばれているはずですし、何かしらやったと胸を張っていえるはずです。

そして人の人生を前進させられる人になりたいと思いつつも、実際に前進させられた人もいません。言っていることと行動が乖離しているなと直面させられました。不甲斐ないし、無力さに嫌気がさす、、、。とはいえ、やりたいことが膨大で理想のライフスタイルは諦められないので、なんやかんや動き続けています。諦めが悪いことや忍耐力はある意味私の長所?!
(はい、こんな人間です。)

長々と書きましたが、人望が厚く色んな経験をして軸もしっかりしているおみさんのブログを読んでいると、過去は何一つ無駄でないこと、その経験を活かせること、価値を提供しているからこそ人が感謝が集まることなど色々と感じることができました。

また自分自身の経験が価値になり、それを価値として人に伝えて、伝えるられた人がまた同じような人を救って、、、その循環が素晴らしいです!!!オールウィンの暖かい世界!

もちろんビジネスをやる以上は結果を出す必要がありますが、ブログから人間らしさが伝わってきて嬉しかったです!!!!

そして、私もその循環を回していきたいと強く思います!!!!

今回は突然でしたが、ご連絡するきっかけをくださってありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

月収100万以上の実力者に気に入られる方法を実体験を元に書いてみた。

「気づいたこと、感じたこと」

・読者さんの気持ちがしっかり書かれていることで共感というか、心を掴んでいるというか、とりあえず自分がこの記事を読んだ時は「めっちゃ分かる」って思いました。

これ大事!!
要はこの記事もビジネス初心者(相手)にとって喜ばれる記事になっている。だから、自分視点で考えるのではなくあくまで相手、お客様の視点で物事を考える。これもビジネスの原理原則な気がする。

気に入られる方法は

「相手が喜ぶことをする」

→すごい人ほど、たぶん自分たちより忙しいし、時間の価値が違う。そんな方に時間を割いてもらうためには価値を提供するしかない。ボランティアでやってくれるとは考えない。与えられるだけでなく何か自分も与えるというこの姿勢がとても大切。

具体的な例

1.自己紹介
→これ全然できてなかった!!
たしかに今考えたら、自己紹介をするということは「自分を知ってもらうチャンス」でもあるし「自分をアピール」できる場面でもある。そこで適当に書いてしまった自分はまだまだ意識が甘いなと感じました。
だから、おみさんがLINEの限定リンクのところで軽い自己紹介をしてくれたらお話するかもです。といったのもこの誠意を試していたのかな?

2.ブログの感想を送ること?
→この「やっぱ褒められたり関心をもたれると嬉しいものですw」っていう所も相手の目線にたって何をされたら嬉しいのかを考えたら仮にすごい人に対しても価値提供ができるのかな?

「才能の引き出し方っていうのかな。
それって教える側にとっても大事な力だけど、
教わる側も同じくらい大事。」
→教える側が教わる側の才能を引き出すのも確かに大事だけど、教わる側も教える側の才能(ポテンシャル?)を引き出すことで教える側の力が150%くらいになって教わる側もWinWinみたいな感じなのかな?

タクシー戦法はめちゃめちゃいい案だと感じました笑 おみさんが福岡来た時とかにもしてみようかな笑

3.丁寧な言葉が使えているのか
→これは自分も意識して書かないとなと思いました。一応、意識して入るつもりでも相手にとっては良くない表現やあまりいい印象を与えないものもある。今一度ブログやTwitterを運営していくのであればこれは無意識にでも出来るようになっていなければならないと思いました。

4.終わったあとに長文ので感謝の手紙を送ってくれ人
→例で挙げられていた方の文章の量、あれはたしかに自分がもしおみさんの立場であればこの上なく嬉しいと思いました。
ネットビジネスの風潮である「稼ごう」、「上に行こう」に対しての疑問や心のモヤモヤはたしかに自分も感じるところがありました。そんな中おみさんが理念として掲げているものに共感して、行動してくれるというのはビジネスのやりがいだと感じました。
なので、自分の理念や信念、これらを持って活動していこうと思いました。この理念や信念に共感してくれてそれによって周りの人達が幸せになる。仮にこれが実現できたのであればこの上ない自分の幸せでもあると思いました。ビジネスという手段を使い相手の人生をよりよい方向へと導く、そういった考えもできるのかと思いました。

「ビジネス=楽しい」
たしかに、自分もビジネスについて学んでいる時、新しい知識や刺激に触れられるととても楽しいと感じます。ビジネスを知ったことによって自分も180°価値観が変わりました。これまでビジネス=怪しいとかしか感じなかったのですが今では毎日が刺激、毎日が学びでとても楽しいです。そして、ついさっき紹介してくださった方の文章を見るまでは自分も「ビジネス=稼ぐ」という考えでした。ですが、この方の体験談や苦悩というのを見て「そんな道があるだ
」と思いました。改めてビジネスを通して他人の人生を変えていくおみさんの理念や行動というのは是非とも参考にさせていただきます。

無理して稼がなくてもいい
たしかに、今までの自分はお金を沢山持っていれば幸せだという考えでした。でも、人間というのはお金を稼ぐために生きているのかと言われたらそうでは無いと思った。確かにお金を稼ぐことが好きな人はいると思うが大半は自分の好きなことをしたいと思っている。でも、現状ではその楽しいことができない。そんな状況にならないためにも仕組みを作っていきたいし、自分の周りの人達も楽しいことを指定来て欲しいと思うので、仮に自分にコンサル生が着いた時はこの大事な部分「人生をどう過ごしたいか」という所をしっかり伝えたい。

・好きなことを仕事にして感謝されるようになる
→自分の好きなことを仕事にするのは最初はとてもいいなと思っていました。でも、意外とそうでも無いのだなと感じました。勝負が絡んでくる世界であれば勝たなければ生きていけない。いつしか、楽しむためではなく勝つためという目的が入れ替わってしまう。好きなことを仕事にする危険性、一見はたから見たら幸せそうだがその人からしたら地獄なのかも知れない。

・人生は楽しんだもん勝ち
→たしかに、周りの大人たちを見ると人生が辛そうに見える。でも、人生というのは1度きりだから楽しまないといけない。楽しむためにはお金が必要。そのお金を稼ぐことは手段なのにいつの間にか目的なって「なんのために生きているのだろう」となるんだと思う。私はまだ大学生で社会のことも何も分からない人間だけどこれだけは分かる。人生を楽しんだ人が幸せなんだと。だから、その幸せがどんなことかにもよるけど大体がお金関係で阻まれてしまう。そんな人生を自分も送りたくないし、周りの人間にも送って欲しくない。そして、その送らない方法を私は知っている。だったら、その方法を色んな人に伝えたい。「ビジネスはこう言う世界だよ!!」って。それで反応してくれた人に対しては全力でその人の人生を帰る覚悟で教えていきたいです。

「お金=手段、幸せになる=目的。」
たしかに、今もこのことはわかっているつもりだけどこうやって言語化して視覚化するの全然違うなと思いました。これは一生覚えておきたいです。

「目に見えない信用を貯める」。たしか、YouTubeの動画の方でもおみさんが言っていたような?この言葉も一生大切にしていきたいです。これは、すべてのことに言えると思うし、他人と関わる以上、信用はとても大切。

結果を出してる人の「当たり前」を知って自分をアップデートしていく。→これは再生リストの動画を見まくる。

短期的な視点ではなく、長期の視点を持って目の前の人の価値提供し続けていく。
→これはgive精神!!自分が出来ることを全力で相手に対してやる!!

「心がどれだけ満たされるか」
→これは自分が持っていなかったものだなと思いました。こういった考え方を他の人から学べるというのはとてもありがたい。

「ビジネスのために価値提供」
→たしかに、自分もこうなっていた。お客様があって私がいるのに、目先の利益を優先していたなと感じました。
「日頃から人を喜ばせる姿勢で生きる」→自然と価値提供できるようになる。→常にgive精神ですね!!

自分が稼ぐのは二の次、以下に価値提供ができるのか。その価値提供のお礼にお金を貰う。その考え方を常に持つ。日常生活でも一緒。

発信→反応を見る→改善→発信・・・
これの繰り返しで完成度を高めていけばいい。最初からいいものをあげようとしなくてもいい!!

少なくとも復習は10回。
歯を磨く、お風呂にはいる。それぐらい当たり前に出来るようになるまで繰り返し学ぶ。
たしかに、自分もコンサルを受けれると知った時、しっかりとおみさんのブログやTwitter、YouTubeを徹底的に見るべきだった。
もしかしたら、もう機会損失をしてしまっているかもしれないけど、この経験を生かして次がないように今日学んでいるブログを見返して自分の血肉にする。

その人が何を考えて今に至るのか?

今まで何をして生きてきたのか?

どういうことを大事にしてきたのか?

→考えてくる。

・量をやるだけでだいぶちがう

・丁寧な言葉遣いを使う。

・感謝の言葉を伝える。

・興味関心があるってことをすごい伝える

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうですかね。

短いって感じるならかなりいいセンいってると自覚して良きかなです!

 

中身どうこうとか抜きとしても、

やっぱこんくらい当たり前のように送ってくれるだけで、

ライバルをごぼう抜きにできる。

ってか余裕。だってみんなやらないからw

そう考えたら

ライバルってめっちゃいるようで全然いないよね

っていうね。

 

それと何よりそういう話す機会とかあるときに、

調べていかないって自分にとって不利益

ってことを理解してないからそゆことをしちゃう

ってパターンが多いかな。

 

機会損失をしない。

これも実績・才能・センス関係なくできるところ。

こうやって誰でもできるところを誰よりもやる精神大事ホント。

 

だって例えば、

しっかりと予習をした上でのぞむ授業とか

ってすごいわかるし、なんか楽しくないですか?

 

あの感覚。

 

逆に予習なしで、難しいことやらされたら

めっちゃ辛いよ、、、ってなるよね。

 

このパターン結構いる。

話してみたら、

知識と思考の次元が違いすぎて知恵熱出しまくって

結局何が大事か?ってのをあんま覚えられないってやつ。

もったいない。

 

あとは調べた気になってるけど、

その基準が甘々ってこととか。

 

調べてきましたとか、

勉強してきました!!

って言われて、

話をしてみたら

全然頭に入ってないし、

ゲシュタルトがないから、

結局コンテンツで語ってるような

基礎的なところの話しかできないみたいなね。

 

これも超もったいない。

 

あとぼくの場合は、

まだ初心者だからそんな私にお話しできることありません、、、

って言われるんだけど、

これは逆に心配しすぎパターン、笑

 

別に知らないから勉強してるわけで、

そこは気にしなくていい。

 

むしろぼくは、

その人が何を考えて今に至るのか?

今まで何をして生きてきたのか?

どういうことを大事にしてきたのか?

っていうのをすごく大事にしてるから

そこをしっかり教えてくれる人が好き。

 

逆に実績だけでみてくる人はおもしくないし、

そういう人には、

実績とでしかその人を見てくれない人が集まる。

からそういう発信者を育てたくないし、

挫折しがち。

 

だからいうわけでね。

 

色々言ってきちゃったけどw

 

 

簡単にまとめると、

初心者・実績ない・才能ない・センスない

と自覚してる人ほど、

 

・量をやるだけでだいぶちがう

・丁寧な言葉遣いを使う。

・感謝の言葉を伝える。

・興味関心があるってことをすごい伝える

 

この辺をまずはやってみるといい。

気に入られるってのも力。

しかもそんなむずいことじゃない。

 

だからやろうぜ。

みんなどうせやらないし。

 

シンプルですが、鬼大事なことでした。

おわり

 

 

 

 

1200円の電子書籍を無料で読めます

なぜほぼ会社にもいかず週7日家にいながらも月収が1000万円を超えたのか?

ぼくは元々自分に自信もなくて高学歴になって人生を逆転してやろうと思っていましたが、

大学受験も浪人したのにも関わらずすべて落ちて学歴コンプレックスをこじらせていた

生活を過ごしていました。良い大学に入れない=将来が真っ暗という価値観で

生きていたぼくが絶望してつまらない大学生活を過ごしていた先に、

ある運命的な出会いを果たしました。

 

こちらから読めます。↓

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です